脱・貯められない主婦 お金の整え方

主婦・お金の知識0の状態から 使う・貯める・増やすを勉強中

スポンサーリンク

読書メモ12冊目 『美人は36.5℃の体温でできている』吉江一彦

f:id:marucoyan:20210722150842j:image

12冊目は『美人は36.5℃の体温でできている』吉江一彦(三笠書房)です。

わたしはもともと平熱が高くて、36.5℃前後です。(だからといって、美人じゃないんですが…(笑))でも、産後に体調を崩していた時は低くなっていたかも。今思えば、大病を患う直前だったのかなと。

子どもの低体温はとても深刻な問題です。病気にかかりやすくなってしまうからです。動くことを極限まで排除した社会のつけが、低体温化と免疫力の低下という問題として、わたしたちの身に跳ね返ってきているのです。

 

貧血は、鉄分不足によって引き起こされますが、冷えによる低血圧も貧血を悪化させてしまう要因のひとつ。

 わたしが今一番改善したいのが血流です。20代前半から貧血、低血圧ぎみではあったけど、30代にはいると健康診断でひっかかるようになってしまいました。2年前から食事や筋肉量を増やす運動を心がけて、去年の健康診断では基準値内になってました!

汗には皮脂腺からのもの(脂肪と一緒に身体の内側から出てくる汗)と、汗腺からのもの(身体を冷やす汗)の2通りがあります。

サウナやホットヨガで出る汗(汗腺からのもの)は、身体を冷やすためのもの。

え?自分の時間ができたら、ホットヨガに通おうかな~なんて思ってました^^; 

「人は見かけが9割」とよく言われますが、いくら若くても老けて見られるのは、筋肉のせいということもあるのです。

 

マッサージは筋肉を固くするもの。ストレッチは筋肉を柔らかくするもの。

 独身の頃は疲れるとすぐにマッサージや整体に駆け込んでいました。でも、自分で自分の身体をメンテナンスできるようにならないと同じことの繰り返しだよねと気づいたのが、ヨガを習いはじめたきっかけです。今は時間もお金も余裕がないのもありますが、マッサージにはまったく行ってません。でも、足つぼの痛気持ちいい刺激は大好きなので、たまに行きたくなりますね^^

今わたしの関心ごとは、1位「健康」、2位「お金」、3位「ファッション」。20代のころは「ファッション」「恋愛」が上位だったかな。年を重ねてきた証拠ですね(笑)