脱・貯められない主婦 お金の整え方

主婦・お金の知識0の状態から 使う・貯める・増やすを勉強中

スポンサーリンク

★読書

読書メモ13冊目 『人間の器』丹羽宇一郎

今年13冊目の読書は『人間の器』丹羽宇一郎(幻冬舎)です。 夫がなんとなく書店で手に取ったそう。まだ他にも読む本が溜まっているらしく、わたしが先に読ませてもらいました^^ 日本人はよく空気を読むといわれますが、空気は読んでも、それに従う必要は…

読書メモ12冊目 『美人は36.5℃の体温でできている』吉江一彦

12冊目は『美人は36.5℃の体温でできている』吉江一彦(三笠書房)です。 わたしはもともと平熱が高くて、36.5℃前後です。(だからといって、美人じゃないんですが…(笑))でも、産後に体調を崩していた時は低くなっていたかも。今思えば、大病を患う直前だっ…

読書メモ11冊目 『全面改訂 投資信託選びでいちばん知りたいこと』朝倉智也

11冊目の本は『全面改訂 投資信託選びでいちばん知りたいこと』朝倉智也(ダイヤモンド社)です。投資を始めた夫が読み終わったので、貸してもらいました^^ 誰でも簡単に投資を始めるには投資信託の積立が一番!というのは、今まで読んだ本とも共通してい…

読書メモ10冊目 『Think clearly シンク・クリアリー』ロルフ・ドベリ

今年の目標「20冊本を読む」の折り返し!10冊目は『Think clearly シンク・クリアリー』ロルフ・ドベリ著、安原実津訳(株式会社サンマーク出版)です。図書館で予約をしていて、やっと順番が回ってきました。半年以上待ったかしら…?物事をシンプルに考えら…

読書メモ9冊目 『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』穂高唯希

あっという間に読んでしまった『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』穂高唯希(株式会社実務教育出版)。著者はブログ「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた」を運営されてて、ブログはよく見ていたのだけれど、本を出版されたな…

読書メモ8冊目 『医者が教える 最強の栄養学』伊藤豊

先週読んだ8冊目は『医者が教える 最強の栄養学』伊藤豊(KKロングセラーズ)です。 2年前、体調不良が続いていた時に出会った本が『あらゆる不調をなくす毒消し食』。 これを読んで、口から取る栄養の大切さを突き付けられ、今までの食事を見直しました。わ…

読書メモ7冊目 『貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス』横山光昭

先週読んだ本は『貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス』横山光明(株式会社アスコム)です。前作の『はじめての人のための3000円投資生活』は読んだことがありましたが、さらに内容が更新されたデラックス版が出ているとは知りませんでした!読んだ当…

読書メモ6冊目 『12年目のパリ暮らし』中村江里子

6冊目は図書館で見つけた『12年目のパリ暮らし』中村江里子(ソフトバンククリエイティブ株式会社)。 海外生活への憧れもあり、このジャンルの本はついつい手に取ってしまいます。特に断捨離に目覚めるきっかけとなった『フランス人は10着しか服を持たない…

読書メモ5冊目 『スマホ脳』アンデシュ・ハンセン

先週読んだ本『スマホ脳』アンデシュ・ハンセン著、久山葉子訳(新潮社) 何となく、スマホの見過ぎはよくないとは思っていましたが、この「スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?」の帯が衝撃的で、何となく感じている不安の核心に…

読書メモ4冊目 『こん と あき』林明子

子ども用に図書館でかりた『こん と あき』林明子(福音館書店) 自分に子どもが産まれたら、一緒に読みたいと思っていた本の1冊です。読書数にカウントするか迷いましたが、久々に読んですごく感動しましたので記録のためにも。 きつねのこんが健気で・・・…

読書メモ3冊目 『13歳からのアート思考』末永幸歩

今年のお正月休みに読もうと思っていて、やっと読むことができました^^ 『13歳からのアート思考』末永幸歩(ダイヤモンド社) 「アートという植物」は、「表現の花」「興味のタネ」「探求の根」の3つからできています。しかし、タンポポのときと同様、空…

読書メモ2冊目 『かんがえる子ども』安野光雅

図書館でよくお会いするママさんにおすすめしてもらった本です。『かんがえる子ども』安野光雅(福音館書店) この本では、テレビやインターネットなどを見ているうちに、料理のしかたから、作法のありようまで、「考え」をだれかに託してしまっている、この…

読書メモ1冊目 『本・子ども・絵本』中川李枝子

先週読んだ本『本・子ども・絵本』中川李枝子(大和書房) ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんのエッセイ本です。実妹の山脇百合子さんが描かれたイラストが目に入り、図書館で手に取らずにはいられなかった!子どもの頃から「ぐりぐら」の大ファンです^^ …