脱・貯められない主婦 お金の整え方

主婦・お金の知識0の状態から 使う・貯める・増やすを勉強中

スポンサーリンク

「作り置き」に挫折した人に試してほしい!わたし的、大ヒットのレシピ本「冷凍作り置き」

f:id:marucoyan:20190620140801j:image

はっきり言って、わたしは料理が苦手です^^;できればやりたくない家事、ナンバー1!
料理って 献立を考える→買出し→調理→配膳→食べる→片づけ と工程が多くて、時間がかかりすぎませんか?主婦になって5年経っても、全然楽しいと思えない・・・。
さらに、息子(1歳0カ月)の後追いもあり、ものすごいスピードで作らなければなりません。キッチンのベビーゲートを閉めて「ちょっと待ってね~」と声をかけながら、待てて30分・・・。

そんなこんなで、料理のハードルが上がってしまっているんです。でも、「食」の大切さは分かっているから、できるだけ手作りはしたいというジレンマ・・・。
毎日のことだから、どうにかごはん作りをもっと楽にできないかなぁと悩んでいます(T_T)

「作り置き」は挫折。向き、不向きがある

今までも料理嫌いを克服すべく、いろいろと試してきました。まずは、体力を使う「買出し」を生協の宅配にすることに。これは大正解!かなり助かってます。
次は、週末に「作り置き」をして平日に楽する方法。しかし、これはわたしには向いていませんでした・・・1ヵ月ほどで断念。その理由は3つあって・・・

①平日は楽だけど、週末にうんと疲れる

平日は温め直すだけなので楽ですが、まとめて作る週末はうんと疲れる。「よし、作るぞ」と気合いが必要。 要領の悪いわたしは3~5食分を作るのに、2、3時間かかる^^; 週末に予定があって、疲れて帰って来た日なんてもう地獄・・・(笑) ゴロゴロしている夫にイライラ・・・!フライパンや鍋も1、2個しか持ってないので、作っては洗っての繰り返し。それも面倒。

②その日の気分で食べたいものが変わる

メニューはもう決まっているんだけど、その日になって「何だかその気分じゃないんだよな」ということがあるんですよ。これは、わがままかもしれませんが(笑) 保存期限もあるので変更できず、気分が乗らないまま食べるのもなんだかな~^^;

③冷蔵庫内のニオイが気になる

メニューによってiwaki耐熱ガラスと野田琺瑯の保存容器を使っていましたが、特にiwakiの蓋は密封ではないので、ニオイが漏れてきます。ニオイ防止のために、ラップをしてから蓋をしめても、冷蔵庫内がなんとなくプ~ン・・・。 冷蔵庫のニオイってなんかテンションが下がりません?わたしだけ?

「作り置き」のレシピ本も2冊購入しましたが、使いこなせずメルカリ行きに。

「冷凍作り置き」と「作り置き」は別物!
「冷凍作り置き」は料理のハードルを下げてくれた!

そんな中、インスタで発見したこちらの本。口コミも高評価!

「作り置き」に再チャレンジしようと購入しましたが、これが大ヒット!!「作り置き」には向いていなかったわたしですが、この「冷凍作り置き」にはまってます^m^ 
「作り置き」は材料の下準備から調理まで一度にやりますが、こちらは下準備と味付けのみ。そのまま冷凍しておいて、食べる時に解凍して調理します。ちまたでは「下味冷凍」というみたいですね!知らなかった~^^*

①短時間で「作り置き」完了!

1週間分(7食)も1時間あれば、「下味冷凍」完了!これだと平日の夜、息子を寝かしつけた後でもできるようになりました^^ 息子が泣いて起きても、火を使う工程がないので途中で寝室に行ったりもしています。
さらに、生肉や生魚も包丁で切るのもその日だけ。最後にまな板と包丁を除菌、消毒して終了。気になる食中毒対策もできて安心^^*

②料理時間も短縮できる

調理は半解凍したものをフライパンで蒸し焼きしたり、レンジでチン!最近は慣れてきて、30分で夕ご飯を準備できるようになりました^^ 料理が得意な方は自分の感覚で味付けできるかもしれませんが、わたしはいまだに大さじ小さじを使わないと無理。なので、この手間がないのは大きい。

f:id:marucoyan:20190620134303j:image
盛り付けセンスの無さよ・・・。この日のメニューは鶏肉とエリンギのレンチン煮、ピーマンのシラス和え、玉ねぎと豆腐のお味噌汁。出来栄えはさておき、とりあえずお腹を満たすものはできあがる(笑)

煮物は鍋でコトコト煮るものだと思っていたので、レンジでできるなんて目から鱗。こっくりとした味がたまらないです^o^

③お肉も柔らかくなって、美味しい

普通に作るよりも、下味がしみこんで美味♡ 我が家は予算の関係上、豚こま肉をよく使いますが、安いお肉も柔らかくいただけます。焦って調味料を合わせることがないので、味付けの失敗がないのもメリット。こちらの本はどのレシピも本当に美味しい!夫も絶賛です^^

④その日の気分でメニューを選べる

お昼頃に冷凍庫から出しておけば、夕方には半解凍に。今日は暑かったからさっぱり味のものにしようとか、夫に「どれが食べたい?」とリクエストを聞いてみたりと、臨機応変にできるのも良いところ。選べるというのは、ワクワクしますよね♪

料理はできればしたくないなぁというのは相変わらずですが、「冷凍作り置き」が料理のハードルを下げてくれたことは間違いないです^^ 外食やお惣菜に頼ることが減りました。

まとめ

「冷凍作り置き」のメリットは、短時間の仕込みと調理で美味しい!ということ。毎日手作りの料理がチャチャっとできるなんて、できる主婦だと錯覚しそう(笑) なによりも、料理のハードルが下がると心に余裕ができますね(感激)!

最近は、我が家好みの味付けになるよう調味料の配分を変えたり、具材を変えてみたりとアレンジも楽しめるようになりました^^♡ あとは食費を節約できたら、言うことなし!それは、これからがんばろうと思うところ・・・